自宅でできるワキガ対策

ワキガ対策は食事から!食生活改善で臭いわない生活を!

投稿日:

ワキガ対策は食事を見直すことから始めましょう。

食生活改善で臭わない生活を取り戻せます!

特に小さなお子さんがいるご家庭は必見です。

ワキガを食事で改善する方法!

自分の体臭、気になりますよね。

その中でも、ワキガ体質を自覚している人は特に体臭予防には気を遣っていると思います。

体質を完全に変えることは難しいですが、普段の生活や食事に気を遣うことでニオイを改善できます。

一体どうやれば良いのでしょうか?

ワキガのニオイは、アポクリン汗腺からでる汗が皮膚表面の雑菌に分解されることで発生します。

アポクリン汗腺の数や発達度合いは手術をしないかぎり変えることはできませんので、ワキガを完全に解決することは難しいのです。

しかし、アポクリン汗腺の汗がなぜニオイの原因になるのかというと、アポクリン汗腺の汗はエクリン汗腺の汗(ほぼ水分)とは異なり、たんぱく質や脂質を含んでいるからです。

このたんぱく質や脂質が独特のニオイを引き起こします。

つまり、たんぱく質や脂質が過剰な食事を摂ると、アポクリン汗腺の活動が活発になりニオイを強くしてしまうのです。

反対に、たんぱく質や脂質が過剰な食事を摂取していたワキガ体質の人がこれらを控えめにした食事に変えると、ニオイを改善できるというわけです。

ワキガ体質で脂っこい食事が好きという人は、食事内容の改善でワキガのニオイを軽減できますよ!

どんな食べ物がワキガに効果的?

私たちの体において、健康な状態の血液は弱アルカリ性です。

しかし、たんぱく質や脂質を食事でたくさん摂取すると体が酸性傾向になります。

体が食事で酸性傾向に変化すると、体臭が発生しやすくなってしまいます。

つまり、体内をアルカリ性傾向に保つことで、体臭を緩和できるのです。

それには食事で、体内をアルカリ性に整える食材を意識して摂る必要があります。

また、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンCなどを含む食材も意識して摂りたいところです。

さらに、食べ物が腸内に長く留まっているとその食べ物が発酵・腐敗してニオイを発するので、排出を促す食物繊維を含む食材も、ワキガ対策には有効です。

これらを踏まえて具体的な食材を紹介します。

まず、体内をアルカリ性に整える代表的な食材は梅干しやお酢です。

ニオイが気になる人は、是非積極的に食事に取り入れてワキガ対策をしてみましょう。

それから、ビタミンが取れる食材といえば何といっても緑黄色野菜です。

和食など、野菜中心の食事にすると徐々に体質が改善されていきます。

食物繊維を多く含む食材はこんにゃくやキノコ類です。

これらの食材を毎日の食事に取り入れていくことで、ニオイを改善する効果があります。

反対に、肉類やジャンクフード、ニラやニンニクといったニオイの強い食材はニオイが強くなる恐れがありますので、食事に取り入れるのは控えましょう。

血液をアルカリ性にする食材
梅干し
お酢
ビタミンが取れる食材
緑黄色野菜
食物繊維が摂れる食材
こんにゃく
キノコ類

 

体臭が強くなってしまう食材
肉類
ジャンクフード
ニラ
ニンニク

ワキガに効果的な飲み物は?

食事だけではなく飲み物でもニオイを改善できます。

ついアルコールやコーヒーといった刺激の強い飲み物を飲んでいたりしませんか?

せっかく食事を改善してニオイを抑えても、これらの飲み物を摂っているとニオイが強くなってしまうのです。

控えるようにしましょう。

反対に、ニオイを抑える飲み物は、緑茶や豆乳、野菜ジュースや青汁、黒酢などです。

積極的に取るようにしましょう。

緑茶はビタミンEやCを含んでおり、体内のニオイを消臭してくれます。

さらに抗酸化作用が身体を老化から守り、加齢臭を予防してくれます。

最近はペットボトル飲料などでも緑茶は手軽に飲めるようになったので、是非積極的に取り入れていきましょう。

豆乳は、大豆に含まれる大豆イソフラボンというポリフェノールが抗酸化作用をもつので、体臭予防に効果を発揮します。

牛乳などの乳製品はたんぱく質や脂質が多く含まれるため、飲みたい場合は豆乳で代用しましょう。

野菜ジュースや青汁は普段の食事で不足しがちな緑黄色野菜を補うもので、ビタミンAやC、Eを含んでいます。

また、黒酢は体内をアルカリ性傾向にしてくれるだけでなく、ニオイを抑えるビタミンB1も含んでいますので、体臭予防にはおすすめの飲み物です。

食事と飲み物をセットで見直すことで、ワキガのニオイを改善していきましょう。

臭いを改善する飲み物
緑茶
豆乳
野菜ジュース
青汁
黒酢
体臭が強くなってしまう飲み物
アルコール
コーヒー

子供の臭いが変わってきたら!食生活見直してみよう!

思春期を迎えると、子供の体臭が変化することがあります。

成長と共にアポクリン汗腺が発達し、ワキガ体質が明らかになることもあります。

子供がワキガ体質だった場合、制汗剤に頼るのももちろん手ではあるのですが、子供の敏感な肌には使用が心配なものもありますよね。

そこで、安全な方法として食事を見直してみることが挙げられます。

ジャンクフードや肉類中心の食事から野菜中心の食事に変えることで、ニオイ改善だけでなく健康にも良い効果が期待できます。

昔から日本に馴染んでいる和食は、刺激臭が少ない食事であり動物性たんぱく質や脂質も少ないのでワキガ対策にはおすすめの食事です。

また、食事内容だけでなく食事のタイミングや量も重要です。

夜遅くに食事を摂ると、寝ている間も内臓が休まらないため消化や排泄の力が落ち、食べ物が腸内に長く留まることになります。

腸内で腐敗、または発酵した食材はワキガのニオイの原因の1つなのです。

また、食事の量についても同じことが言えます。

食事の量が多すぎると、その分、内臓に負担がかかるからです。

多感な時期の子供のニオイは親としても気になりますよね。

食事の内容とタイミング、食事の量に気を遣うことで、子供のニオイも改善が期待できます。

野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるテクニック!

いくら食事の内容や食事の量に気を遣おうとしても、そもそも子供が野菜嫌いだといきなり野菜中心の食事に変えるのは難しいですよね。

そこで、野菜嫌いの子供でも野菜中心の食事を摂れるような工夫が必要です。

まず大切なのは、野菜中心の食事を強要しないことです。

怒ったりして無理やり食べさせると、子供にとって野菜中心の食事がトラウマになってしまい、ますます苦手になってしまいます。

とにかく野菜を食べたら褒めてあげることを意識しましょう。

そして、好きな野菜、苦手ではない野菜を見極め、それをメインの食事として出してあげたり、味付けを子供の好きなように工夫したりして歩み寄っていきましょう。

いきなり食事内容を変えるのではなく、徐々に野菜中心の食事にシフトしていくのも良いでしょう。

それでも野菜中心の食事に慣れないというのであれば、青汁や野菜ジュースなどを飲むことを習慣づけるのも1つの方法です。

最近では子供にも飲みやすい美味しい青汁も増えていますから、食事内容を変えるよりもビタミンAやC、Eを摂りやすいかもしれません。

基本的には野菜中心の食事を強要してしまうのではなく、野菜を好きになって貰えるように誘導していく方向で食事内容を工夫し、子供のニオイを改善していきましょう。

子供のワキガに気づいたら!親が出来る子供のワキガ対策!

まとめ

ワキガ体質を完全に治すことは難しいですが、ニオイを改善するのに、食事の見直しが有効であるということをお伝えしました。

体内が酸化してしまうとニオイもきつく変化するので、体内をアルカリ性に整える食材や抗酸化作用のある食材、さらにはビタミンや食物繊維を含む食材でニオイが改善する効果が期待できます。

さらに、食事の内容だけでなく、適切な量の食事や食事のタイミングを変えることでもワキガ臭は抑えられることがわかりました。

そして、食事だけでなく飲み物でもニオイを抑えられる可能性があります。

食事の内容としては肉類中心の食事よりは野菜中心の食事がおすすめですが、子供の中には野菜が苦手な子供もいます。

そんな子供には野菜中心の食事を強要せず、野菜を好きにさせる工夫凝らすことで徐々に野菜中心の食事に移行していくと良いでしょう。

ワキガは体質なので、食事の改善の効果はすぐには出てきません。

ですが、食事の改善を続けることによりニオイを軽減できる可能性は大いにあります。

特に今までジャンクフードや肉を多く食べる食事をしてきた人は、効果を実感しやすいかもしれません。

ニオイに悩んでいる人は、是非食事を見直してみましょう。

食生活を改善するのは面倒だと思った人はこちらの記事もご覧ください。

サプリメントを使ってワキガ対策!どうして効果的&オススメなの?

 

-自宅でできるワキガ対策

Copyright© ワキガ 対策【効果のある商品と使い方のコツ】口コミの紹介も! , 2018 All Rights Reserved.