注意すべきこと

市販の商品を色々試したけどワキガがどうにもならないと思った時の対策

更新日:

市販のクリームやスプレー、ワキガ用ボディーソープを使った身体の洗浄など自分自身でできるワキの臭い対処をしたけれど、どうにも臭いがする・・・。

そんな時は最終手段として、ワキガの元であるアポクリン汗腺を手術で除去してしまうというのも1つの手です。

ワキガ 治療の手術には健康保険が適用される手術や日帰りで受けられる手術など様々なタイプがあります。

ですが、手術には同時に様々なリスクがあります。

例えば保険が適用される費用の安い手術だと傷跡が残ってしまったり、術後数年してから臭いが再発する可能性があるなどのリスクです。

また、人によっては痛くて数日間仕事ができなくなるなど、その人特有のリスクも出てきます。

ワキガ手術をする場合、メリットとデメリットをしっかりと把握してから臨みましょう。

ワキガ手術のメリットとデメリット

まずはワキガ手術のメリットから見ていきましょう。

ワキガを根本的に治すには手術によって身体にあるアポクリン汗腺を取り除く以外に方法がありません。

市販のデオドラント商品でも臭いを対処できない場合、手術をして汗腺を取り除くことで臭いを抑えられるのが1番のメリットです。

日々の消臭対策の手間も減りますし、手術をすることで「自分ができることは全部やった」という精神的な安心感を得ることができ、人目を気にせずに過ごせるのもメリットといえます。

逆にどんなデメリットがあるかというと、

まず第一に手術には費用がかかるということ。

ワキガの手術費用はおよそ18万円~50万円です

数十万円単位で開きがあるのは手術の種類によるものです。

基本的に手術費用が安いものほど保険が適用され、高いものほどリスクが少ない傾向があります。

健康保険が適用されるような手術なら2万円から受けることもできますが、そのような手術の場合は確実に跡が残ると思ってください。

これはアポクリン汗腺以外の部分も大きく切除する為です。

また、跡が残らないような手術でも担当医師の技量によっては失敗のリスクは常につきまといます。

それに繰り返しになりますが手術には再発のリスクがあります。

アポクリン汗腺は脇以外にも耳の裏や、胸元、太もものつけ根、足の裏などにありそれらの場所から臭いが出てくる可能性が0ではないのです。

ただ、手術後は痛み止めを飲んで安静にしていればそれほど痛みは感じないようなので、腕を肩から上に動かすような動作をしないのであれば術後すぐに日常生活に戻れます。

手術にかかる日数はその人のアポクリン汗腺の分布状況によるようですが基本的には1日で終わるそうです。

ですが最低3日間(可能なら一週間)は腕を大きく動かすようなことはしてはいけません。

デスクワークが主な人ならすぐに(それでも最低3日間は何もしてはいけない)仕事を再開できるかもしれませんが、肉体労働がメインの人は傷が塞がるまでは仕事を休む必要があります。

手術の翌日から仕事はできますか?
可能ですが、お勧めはしません。

軽いデスクワークなど、ワキを動かさない仕事であれば翌日から可能ですが、鞄をもつ、ベッドに寝る、トイレに行く、着替える、だけでもワキはしっかり動きます。

とくに手術後3日間は皮膚と内部組織が少しでもずれると、出血してしまい、皮膚下に血腫という血の塊ができ、最悪の場合皮膚壊死を起こしてしまう可能性があります。

動かせば必ず痛みがあり、傷口の治りにも悪影響になる可能性が高いので、手術後一週間程度は極力ワキを動かさず、できるかぎり安静にしていただくようお願いいたします。

一週間を過ぎた頃から、リハビリを兼ねて肩を徐々に動かしていただくのが理想です。

引用元:東京イセアクリニック

このように手術には多くのデメリットも存在します。

メリットとデメリットを整理すると

メリット

  • 臭いがしなくなる
  • 臭い対策のための手間が減る
  • 精神的に安心する

デメリット

  • 費用がかかる
  • 再発リスクがある
  • 術後しばらくは腕を動かせない

ということになります。

手術を受ける際は良く調べてから決断するようにしましょう。

また、通販限定で販売しているような強力なワキガ対策グッズをまだ使用したことがない方はこのサイトのトップページにあるワキガ対策グッズも一度ご覧下さい。

ワキガ 対策TOPへ

-注意すべきこと

Copyright© ワキガ 対策【効果のある商品と使い方のコツ】口コミの紹介も! , 2018 All Rights Reserved.